Safety Eco Drive 宣言社
     芳 賀 交 通


   























         









我が社の取り組み


平成18年10月から、すべての運送事業者は、運輸安全マネジメントの導入によ
り、絶えず、輸送の安全性の向上に努めなければなりません。

芳賀交通では、運送の安全性の向上を目指すため、7項目について具体的には次のよ
うな取り組みを行っています。

1. 社長は輸送の安全の確保に最終的な責任を有することを明確にします。
2. 輸送の安全に関する基本的な方針を策定し、従業員に十分に周知させます。
      @ 毎日の点呼において、運転基本原則を守り無事故を宣誓させ、曜日別
        注意事項を読み上げます。
      A 毎日のアルコール検知器チェックによる飲酒・酒気帯び運転防止
      B 毎日の車両始動前点検の徹底
3. 基本的方針に基づいて輸送の安全の確保に関する目標を設定します。また、輸送
   の安全に関する目標を達成するための計画を作成します。
      @ 目標:   2007年   人身・物損事故ゼロ
      A 計画:   (a)    運行管理の徹底・強化
              (b)    毎月第一月曜:社長朝礼及び全体研修
              (c)    毎週土曜日:ビデオによる研修において事故
                   対策、プロドライバーとしての自覚と手本と
                   なる運転、基本的技術の見直しと再確認
              (d)    走行中のヘッドライト終日点灯の励行
              (e)    適正診断結果による個別指導
              (f)    3ヶ月点検の実施
4. 情報の共有や伝達が確実に行われるようにします。
     輸送の安全に関する意見・情報交換をスムーズにし、ヒヤリハット情報など
     の伝達も促します。
5. 運輸安全マネジメントの実施状況などを事後チェックし、改善点の有無を検証し
   ます。
     4月・8月・12月の年3回実施します。
     また、重大事故・災害等が発生した場合は、緊急チェックを行います。
6. 業務の改善を行い、次の目標や計画に反映させます。
7. 上記の取り組みについての記録を適切に管理します。

     当社は、@輸送の安全に関する基本的な方針
         A輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
         目標と達成状況
         B自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
         (総件数及び類型別の事故件数)
     について、本社営業所又は、車両内における掲示等により、毎年度、外部に
     対し公表します。